きたかみ牛が1位と2位を占めました!

本日、平成30年4月17日(火)、東京芝浦にある東京都中央卸売市場食肉市場において「第18回いわて牛後継者枝肉研究会」が開催されました。

本研究会は、次世代を担う45歳までの生産後継者が肥育技術と肉質の向上を目指し、毎年開催していますが、今回で18回目となります。

今回、いわて牛36頭が上場し、北上市の生産者からは3頭が出品しておりましたが、その中で1位と2位にあたる最優秀賞と優秀賞を「きたかみ牛」が受賞しました。

弊社からの出品は今回はありませんでしたが、同じ「きたかみ牛」の生産者仲間がいわて牛の生産者の中でも肥育レベルの高さが認められたことは非常に嬉しく思います。

また、「きたかみ牛」の品質の高さが高く評価された結果でした。

いわて牛の中で北上市の生産者が肥育した牛でA4A5等級のものを「きたかみ牛」と言いますが、同じ北上市の生産者としてこれからも品質の高い「きたかみ牛」を生産できるようお互いに切磋琢磨し、努力・精進し続けていきたいと思います。

 

まるぎゅうで出される安心・安全で美味しい「きたかみ牛の肉料理」を支えるためにも頑張ります!