食で活力を!元気に営業中!安全確保のために精一杯対策中

ご協力とご理解のほど宜しくお願い致します

焼肉がおいしいワンランク上のお店、こだわりのドリンク・メニュー

宴会をご予約頂いたお客様には、車による送迎サービス有り(市内)!

3~4月の歓送迎会シーズン限定!

合計45,000円以上、ご利用の宴会で幹事様に5,000円分のお食事券をプレゼント

まるぎゅうポイントの適用対象が拡大しました!

店内でのお食事に加え、お弁当や精肉などのお持ち帰り品の購入もポイント対象となります。

(お会計の際にご提示いただくと税別1000円毎に1ポイントをお付け致します)

北上市は岩手県の中央部、北上盆地の中ほどに位置しており、北上川と和賀川が合流する肥沃な土地に美しい田園地帯が広がり、西に奥羽、東に北上山系の山々が連なる豊かな自然に恵まれています。

蕎麦の日

毎月の末日(みそか)が、「蕎麦の日」だということをご存知でしょうか?昔、江戸の商人が毎月、末日に縁起物としてそばを食べていたことに由来しており、日本麺業団体連合会が制定しました。12月の末日、大晦日に年越しそばを食べる習慣がありますが、大晦日に限らず、月末日にそばを食べるのは、細くて長いそばのように、身代(しんだい=家の財産)が長続きしてほしいという願いに端を発しているようです。

多くの日本人に食され、最近は外国人でも愛好家の増えている日本食の代表ともいえる蕎麦。本格的な手打ちの高級店から、気軽に食べられる立ち食い店まで、嗜好や予算のニーズに応じたそば店が各地で営業されています。しかし、本来、そばには地域性があり、その地域性の主な理由として、原料(ソバ)の産地が挙げられます。

現在は、蕎麦の主要原料である「ソバ」も、「小麦」も、その多くを輸入に頼っていますが、かつては主に北日本、東日本で、また、小麦は西日本で生産、消費されていました。北日本や東日本にソバの生産地が多いのは、気候が関係しています。ソバの発芽の適温は20℃以下であり、また28℃を超えると、めしべの発育が悪くなり、実がなりにくくなります。つまり、冷涼な気候が栽培に適しているのです。加えて、寒暖差(昼と夜の気温差)の大きい地域の方が、良質なソバができると言われています。これらの気温条件によって、ソバは北日本、東日本で栽培されるようになり、生産量も増加していったと考えられます。

輸入原料の増加、国内の交通、物流の発展で全国各地にそば店が点在するようになりましたが、日本三大そば(長野県の戸隠そば、島根県の出雲そば、岩手県のわんこそば)をはじめ、歴史が古くからあり、地域それぞれの食べ方や内容にも差がある日本そばがあります。そば麺の色や太さ、味など、食べる際のおつゆの違いがあるのは有名です。岩手県のわんこそばは、食べたことがある方も多いと思いますが、ひとくちほどの量をお椀に入れて食べ、食べ終わるとまた一口分のそばを入れてもらい食べるという食べ方は有名ですよね。

 

冷涼で寒暖差の大きい岩手県北上市の気候もソバの栽培に適しており、西部開発農産も良質なソバを栽培しています。自社栽培のソバ、小麦、米を使った「ひとめぼれそば」はそばの豊かな風味と米粉が3%配合された新食感が特徴です。北上市や隣町の西和賀町でもそばで町おこしとばかりに熱心に取り組んでいます。日本全国に名産と呼ばれる日本そばがありますが、地方のそばは、地元のソバを使用していますので一味も二味も違います。手軽に食べられる立ち食いそば店、日本三大そば、知られざる地方の名店そば、老舗系そば店(砂場・更科・藪・東家・一茶庵など)と食べ比べてみるのも面白いと思います!

きたかみ牛とは

  「きたかみ牛」は、北上山系の綺麗な水、澄み切った爽やかな空気、そして雄大な山など自然に恵まれた清らかな土地で毎日おいしい餌、綺麗でおいしい水をたっぷりといただき、熟練された北上市内の畜産農家の手で育てられた4等級以上の黒毛和牛のことを言います。平成5年に肉質日本一を受賞して以来、全国レベルで安定して高い肉質の「きたかみ牛」はそのほとんどが首都圏へ出荷されており、肉の色が淡くてサシが多く、甘みがあることから首都圏では既に絶大な評価を受けています。西部開発農産の「きたかみ牛」は平成23年の全農枝肉共励会で最優秀賞(雌牛の部)を受賞しました。西部開発農産では常に向上心を忘れずに飽きの来ない、美味しい霜降りの肉づくりを追求して参ります。

牛肉は、全国統一の基準で格付けが行われています。「きたかみ牛」は北上市内の生産農家が丹精込めて育てた黒毛和種のうち、農協を通じて出荷され、(社)日本食肉格付協会枝肉取引規格がAとBの4等級以上に格付けされたものだけを、「きたかみ牛」と呼ぶことができます。「きたかみ牛」は厳しい基準の中で選び抜かれた牛肉なのです。

肉質等級は、脂肪交雑・肉の光沢・肉の締まり及びきめ・脂肪の光沢と質の4項目で決定されます。

1.脂肪交雑

霜降りの度合いで表します。B.M.S.という判定基準で決定します。

2.肉の光沢

肉色については、牛肉色基準で、光沢は肉眼で判定して等級が決定されます。

3.肉の締まり及びきめ

肉眼で締まり及びきめを判定し、等級が決定されます。

4.脂肪の色沢と質

脂肪色については、牛脂肪色基準、光沢及び質は、肉眼で判定して等級が決定されます。

脂肪交雑はB.M.S(ビーフ・マーブリング・スコア)といわれ、肉の中の脂肪が霜降りのように入っている状態をNo.1~No.12(BMSNo.)の基準に照らしあわせて評価、No.をもとにさらに5等級に区分します。肉色と脂肪色もそれぞれNo.1~No.7までの基準で評価され、さらに5等級に区分されます。肉の締まり及びきめは、基準のNo.はなく5段階評価しています。

主なブランド牛の肉質等級

肉質等級5のみ:仙台牛

肉質等級4から5:佐賀牛、神戸ビーフ、前沢牛きたかみ牛若柳牛、常陸牛、阿波牛、宮崎牛

肉質等級3から5:米沢牛、大和牛、飛騨牛いわて牛、野牛、The・おおいた豊後牛

肉質等級2から5:石垣牛

肉質等級1から5:松阪牛、伊賀牛、近江牛、三田牛、しまね和牛、千屋牛

総合的な肉質等級は、歩留等級(A~C)と肉質等級(1~5等級)の4項目のうち、最も低い等級を組み合わせて表示されます。例えば、A5、B3のようにです。歩留等級は、枝肉から骨を取り除いたとき、どのくらいの肉がとれるかをA、B、Cの3等級で表します。枝肉をいくつかの項目で測定して歩留基準値を算出し、その基準値から等級を決定しています。

A等級:標準より良いもの(基準値72以上)

B等級:標準のもの(基準値69以上72未満)

C等級:標準より劣るもの(基準値69未満)

>枝肉って知っていますか【規格と流通】

国産牛とは

国産牛とは「日本で生産された牛」のことを意味しています。日本での肥育期間が3か月を超える牛、もしくは、日本での肥育期間が最も長くなる期間の牛はすべて国産牛と呼ばれます。国産牛かどうかは、肥育された場所と期間のみで判断されるので、牛の出生地や品種は問題となりません。そのため、生まれが海外のホルスタイン牛でも日本での肥育期間が長ければ国産牛と呼ばれることもあります。

和牛とは

和牛は、「明治以前から日本で独自に交配され、育てられてきた品種名」を指します。和牛の定義は厳しく、和牛と名乗れるのは「黒毛和牛」「褐毛和牛」「無角和牛」「日本短角種」の4種のみです。これらの和牛品種は食肉用として古くから品種改良がなされ、高い品質が受け継がれ続けている品種です。そのため、世界的に高評価を受け確固たる地位を築いています。

和牛の代表格「黒毛和牛」

肉質の良い和牛の中でも特に黒毛和牛は遺伝的な特性から、霜の降り具合、肉の色味、締まりなど肉質が大変よく、最高峰の牛肉と呼ばれています。黒毛和牛の肉はきめが細かく光沢もよく、よく締まった赤身で歯ざわりも滑らかです。さらに旨味の効いた脂肪が赤身の間に緻密に入り込んで、細かな霜(サシ)を降らせることで、柔らかく、口に入れることで舌がとろけるような、まろやかな味わいに仕上がっています。この風味と柔らかさが、どの品種にも負けない黒毛和牛の最大の魅力です。

黒毛和牛は肉質日本一の「きたかみ牛」を!

牛の肉質は、飼育環境、飲み水、餌などの違いにより大きく変化し、様々な特徴を持ちます。黒毛和牛も、その美味しさから日本全国で肥育が広がり、肥育される土地によって様々な特徴の肉質を持つ地物の黒毛和牛が多数存在するようになりました。それぞれの地域における畜産農家独自の方法によって肥育がなされており、銘柄や畜産農家ごとの特徴を味わうことができます。せっかく最高峰の黒毛和牛を味わうなら、最高級の銘柄牛を育てる産地として誉れ高い岩手県の地物の黒毛和牛のひとつである「きたかみ牛」の味を是非、味わってみてください。奥羽山脈の豊かな大自然の中で育ち、飼料も季節によって違うものを牛に与えているので赤身肉は甘みがあり、脂はさっぱりとしているのが特徴です。箸で掴んで近づけただけでも違いのわかる素晴らしい香りと、一口噛めば口中にほとばしる肉汁とともに、融けるような舌触りは、ちょっと他では味わえません!繁殖から肥育、成形加工、販売まで自社一貫生産体制の西部開発農産では、直営店「せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう」できたかみ牛の肉を使用した料理を提供する他に、仕出し持ち帰り用に精肉の販売も行っています。最上級肉をお手軽に召し上がって頂けるよう、生産者ならではのリーズナブルな価格帯にて提供させていただいております。遠隔地にお住まいの方には通販も行っていますので、家族や親せき、ご友人などに岩手県北上市が誇る美味しい最高峰黒毛和牛「きたかみ牛」のお肉をお届けしましょう!


 株式会社西部開発農産は創業以来、北上市を中心に県南地域の農地保全に努めてまいりました。耕作面積は現在、900haを超える日本最大級の農業生産法人となりました。私たちは「食」という、人間が生きていくうえで欠かせないものを生産していることに自信と誇りを持ち、安心・安全な農畜産物の生産に励み、食糧供給に尽くすとともに、「食」を通じて社会貢献に努め、お客様やパートナー、社員が共に喜びを感じることができる企業を目指します。

 

 

 

当社は、地産地消型店舗を地元、岩手県北上市に開店しました。地元の皆さまに、地元が誇る黒毛和牛「きたかみ牛」をはじめ、地元の圃場で環境に優しい方法で生産した米、小麦、大豆、野菜(一部)など、自社の安心安全な食材を使用した料理を提供しています。地元の素材を使ってつくられた料理を心ゆくまでお楽しみください。皆様のご来店をお待ちしております。皆さまの声もよく聴いて、これからより良い店に精進してまいります。

JGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証で、農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法のひとつです。第三者機関の審査により、JGAPが正しく導入されていることが確認された西部開発農産の農場にはJGAP認証が与えられています。適切に管理されている農場だから安心安全な農産物を提供することができます。


 生産者がこだわり・思いを伝え、そのこだわり・思いが、消費者までつながる取組みを「食のつながり」として認証することにより、北上産品の信頼性を高めていきます。西部開発農産は生産者として、まるぎゅうは飲食店として認証を受けました。北上産品を消費者が食べる機会をもっと増やして、北上の魅力の発見や共感につなげていきます。

 

 

 

 

みちのく「岩手」は、かつては駿馬の産地として幾多の名馬を育て、今は、「最高級の銘柄牛」を育てる産地として、その栄光が引き継がれています。澄んだ空気と美味しい水、そして、作物がすくすくと育つ肥沃な大地、畜産に適した豊かな大自然が牛を肥らせ、さらに変化に富んだ四季が肉質に独自の味わいを刻みこみます。岩手ならではの環境が良い肉をつくります。

 株式会社西部開発農産のつくるお米は、2014年のお米番付で優秀金賞に入賞しています。地元の豊かな土、きれいな水、寒暖差のある気候が美味しい農産物をつくる土台となっています。当店で提供されるご飯は専用の圃場で収穫した、特別栽培米の「銀河のしずく」を使用。自社で作った減農薬のお米を当店で食べていただき、顔の見える生産者と消費者が信頼で結ばれる関係を築いていきます。