まるぎゅうは自社生産のきたかみ牛をはじめ、銀河のしずく、野菜(一部)、蕎麦、小麦を使用しております。

非日常で気分が高まる料理が味わえる!

岩手県北上市が誇るブランド黒毛和牛「きたかみ牛」

「きたかみ牛」の各種コース料理で得られる満足感!

焼肉がおいしいワンランク上のお店、こだわりのドリンク・メニュー

「きたかみ牛」の精肉販売テイクアウト宅配サービスも実施中!

宴会をご予約頂いたお客様には、車による送迎サービス有り(市内)!

合計50,000円以上、ご利用の宴会で幹事様に3,000円分のお食事券をプレゼント!

ブログ

www.seibu-marugyu.com Blog Feed

お客様感謝デーです‼
>> 続きを読む

ドリンク半額デーです‼
>> 続きを読む

ドリンク半額デーです‼
>> 続きを読む

新着情報・トピックス

2024年1月31日 2月のテイクアウト弁当は、「ミックスフライ弁当(1,500円税込」です。

2024年1月5日 1月のテイクアウト弁当は、「牛バラ焼きとイクラちらし弁当(1,700円税込)」です。

2023年12月2日 12月のテイクアウト弁当は、「きたかみ牛ローストビーフとバラ焼弁当(1,800円税込)」です。

2023年11月1日 11月のテイクアウト弁当は、「ダブル生姜焼き弁当(1,500円税込)」です。

2023年9月30日 10月のテイクアウト弁当は、「きのこバラ焼き弁当(1,500円税込)」です。

2023年8月31日 9月のテイクアウト弁当は、「きたかみ牛ビビンバ弁当(1,500円税込)」です。

2023年7月30日 8月のテイクアウト弁当は、「きたかみ牛ローストビーフ弁当(1,600円税込)」です。

2023年6月30日 7月のテイクアウト弁当は、「きたかみ牛カルビ・鰻弁当(1,700円税込)」です。

2023年5月31日 6月のテイクアウト弁当は、「ダブルロースカツ弁当(1,600円税込)」です。

2023年4月30日 5月のテイクアウト弁当は、「牛タン弁当(1,600円税込)」です。

2023年3月31日 4月のテイクアウト弁当は、「花見弁当(1,500円税込)」です。

2023年3月1日 3月のテイクアウト弁当は、「ちらし寿司弁当(1,600円税込)」です。

2023年2月1日 2月のテイクアウト弁当は、「ミックスフライ弁当(1,500円税込)」です。

2023年1月19日 1月のテイクアウト弁当は、「牛バラ焼きとイクラちらし弁当(1,700円税込)」です。

2022年12月1日 12月のテイクアウト弁当は、「きたかみ牛ローストビーフとバラ焼弁当(1,800円税込)」です。

2022年11月1日 11月のテイクアウト弁当は、「ダブル生姜焼き弁当(1,500円税込)」です。

地産地消の食材を使った料理が楽しめる!

  株式会社西部開発農産は創業以来、北上市を中心に県南地域の農地保全に努めてきた結果、耕作面積は現在、900haを超える日本最大級の農業生産法人となりました。私たちは「食」という、人間が生きていくうえで欠かせないものを生産していることに自信と誇りを持ち、安心・安全な農畜産物の生産に励み、食糧供給に尽くすとともに、「食」を通じて社会貢献に努め、お客様やパートナー、社員が共に喜びを感じることができる企業を目指します。


  当社は、地産地消型店舗を地元、岩手県北上市に開店しました。地元の皆さまに、地元が誇る黒毛和牛「きたかみ牛」をはじめ、地元の圃場で環境に優しい方法で生産した米、小麦、大豆、野菜(一部)など、自社の安心安全な食材を使用した料理を提供しています。地元の素材を使ってつくられた料理を心ゆくまでお楽しみください。皆様のご来店をお待ちしております。皆さまの声もよく聴きながら、これからもっと良い店にしていくよう、精進してまいります。


 JGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証で、農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法のひとつです。第三者機関の審査により、JGAPが正しく導入されていることが確認された西部開発農産の農場にはJGAP認証が与えられています。適切に管理されている農場だから安心安全な農産物を提供することができます。JGAP認証農場は、消費者の皆様にとっても、農産物のバイヤーの皆様にとっても、安心して購入・取引できる農場です。良い農産物は良い農場から生み出されます。


  生産者がこだわり・思いを伝え、そのこだわり・思いが、消費者までつながる取組みを「食のつながり」として認証することにより、北上産品の信頼性を高めていきます。西部開発農産は生産者として、まるぎゅうは飲食店として認証を受けました。北上市にはこだわりの食材をつくる生産者、そして、生産者の情熱と食材を知り尽くし、料理でそれを伝える料理人がいます。食材が育った風土の中で生産者、料理人とふれあい、料理を堪能する。北上産品を消費者が食べる機会をもっと増やして、北上の魅力の発見や共感につなげていきます。


  みちのく「岩手」は、かつては駿馬の産地として幾多の名馬を育て、今は、「最高級の銘柄牛」を育てる産地として、その栄光が引き継がれています。澄んだ空気と美味しい水、そして、作物がすくすくと育つ肥沃な大地、畜産に適した豊かな大自然と肉牛生産地としての伝統に育まれ、いわて牛を肥らせ、さらに変化に富んだ四季が肉質に独自の味わいを刻みこみます。繁殖から肥育まで一貫した生産体制と岩手ならではの環境が芸術品とも言われる良い肉をつくります。


 株式会社西部開発農産のつくるお米は、2014年のお米番付で優秀金賞に入賞しています。地元の豊かな土、きれいな水、寒暖差のある気候がおいしい農産物をつくる土台になっています。当店で提供されるごはんは専用の圃場で収穫した、農薬節減で栽培されたお米「銀河のしずく」を使用しています。減農薬・減化学肥料で栽培したお米を当店で食べていただき、顔の見える生産者と消費者が信頼で結ばれる関係を築いていきます。

バナーリンク集



食で活力を!元気に営業中!安全確保のために精一杯対策中

コロナ対策にご協力とご理解のほど宜しくお願い致します